ブロックチェーン

Why PoliPoli adopts NEM?

LCNEM (of which I am CEO) is going to provide LCNEM Wallet for cooperation and advices for using NEM technology.

PR times

PoliPoli is a startup company, which is trying to “make politics close to citizens” which is difficult with exinsting business model even though it is needed, by creating a token economy.

I asked why PoliPoli adopts NEM to Mr.Ito who is a CEO of PoliPoli. I introduce his opinion.

続きを読む

なぜPoliPoliはNEMを使うのか

ぼくが代表を務めるLCNEMは、PoliPoliにウォレット連携、NEM技術アドバイスという形で提携します。

プレスリリース

PoliPoliは、従来の手法では、社会的に必要であってもビジネス化が難しい「政治を身近なものに」ということを、トークンエコノミーを生み出すことによって実現するというスタートアップ企業です。

そのPoliPoliがなぜNEMを使うのか、株式会社PoliPoli代表取締役、伊藤君に直接聞きました。その真意を解説します。

続きを読む

セルフィッシュマイニングのインセンティブ

モナコインでセルフィッシュマイニングがあったようです。

モナコインへの攻撃から、ブロックチェーンへの攻撃やマイニングを深掘りする

上記サイトが網羅的でわかりやすいので説明はしません。

今回はセルフィッシュマイニングに関して、ハッシュレート、承認数、送金額と不正するインセンティブの関わりを見ていこうと思います。

続きを読む

話題のPWAモバイルNEMウォレット、LCNEM Walletを試してみた!!!

どうもYuです。

NEMの公式ウォレットといえば、パソコンに使うNano Walletとか、スマホで使うNEM Walletとかありますよね。

でもNEM Walletは現在モザイク対応してないんですよね。NEM Payも開発滞ってるっぽいです。

 

そんな状況で有志がいろいろモザイク対応のモバイルウォレット作ったりしてまして。もにゃとか。

その中、つい最近LCNEM Walletが大幅アップデートしたらしいので、今日はLCNEM Walletを使ってみた記事を書きます!!!

続きを読む

取引所上場はファンダにはならない

みなさんこんにちは

自分が買ってる仮想通貨が新規に取引所に上場するとうれしいですよね?うれしいのはわかります。

なんでうれしいんですか?

(↑煽ってないよ^^)

 

市場が大きくなって相場に追い風になることがあるからですよね。それはわかります。

でも、取引所上場はファンダメンタルにはなりません。なぜか?説明します。

続きを読む

法定通貨・仮想通貨の価値を数式で考える

先日このような記事を書きました。

ブロックチェーン時代の貨幣論

PoW通貨も、共同幻想

前者においては、金本位制は経済学的によろしくないので、ゴールドの再発明である暗号通貨も「世界通貨」にはなりえないことを説明しました。今のゴールドも通貨にはなっておらず資産の1種にとどまっています。

後者では、「PoW電気代価値説」は正しくないため、正しい表現を提案しました。ゴールドもビットコインも、採掘にかかるコストが価値の裏付けになるというのは正しくなく、ブランド性があることによって需要が出ているわけです。(ブランド性は一種の共同幻想です。)

ビットコインと仕組みが全く同じの暗号通貨が大量発生して、PoWで採掘にコストがかかっていても、価格はビットコインほどにはならないでしょうし、価値を見出す人も少ないでしょう。PoW通貨は必ずブランド性を持つわけではないですよね。(それくらい直感でわかりますよね?)

ビットコインやゴールドにはブランド性があるから価値を見出す人がいるのです。PoWそのものに価値を裏付ける機能はありません。PoWには通貨に価値を内在させる機能はありません。

(何度も言いますが、価格は需要供給の妥協の結果で、価値は需要の程度です。)

このような当たり前の事実を何回も言っているのですが、仮想通貨の議論に経済学を持ち込むトップランナー(自称)のぼくに世界が追い付いてくる気配が全くありません(暴言)

言葉よりも数式のほうが厳密に説明できるので数式で説明します。

続きを読む