ブロックチェーン

暗号を使ったメカニズムデザインの考え方~ブロックチェーン投票の例~

先日こんな記事を書いていました。

トークンエコノミーとBFTエコノミーの比較

トークンエコノミーは分散化できるか

 

これに対する優良記事も。

cryptoeconomics: crypto-backed mechanism design

とはいってもビザンチン障害耐性を考える、とか言っても初見の人からしたら間違いなく敷居が高いですし、マニアックな領域でもあるので、こういう考え方を広めるには別のアプローチも必要だな~と思ってます。

Cryptoeconomicsという名称も敷居高い感が半端ないのでここでは「あんごうをつかっためかにずむでざいん」にでもしておきましょう!!!

 

あ~わかりやすい~。

 

ブロックチェーン投票を例にとりながら、暗号つかったメカニズムデザインはどう考えていけばいいか書きます。

 

改ざんされたらたまらないですし、投票を電子化するにあたってブロックチェーンは選択肢の1つになると思うので(ならないかもしれない)。

続きを読む

LotionJSをWindowsにインストールする方法!!!

LotionJSをWindowsにインストールするのが面倒くさいので書き置きします!!!

LotionJS

これってなにかというと、ブロックチェーン間の通信やコンセンサスをパッケージ化したTendermintを使って、めちゃめちゃ簡単に独自のブロックチェーンをつくるというものです。

Solidityつかったスマートコントラクトの開発はバグ修正ができないために一発で完璧にしないといけないことを考えれば、なんならこっちのほうが敷居が低いですw

トークンエコノミーとBFTエコノミーの比較

昨日こんな記事を書いて、

凡人のおれにはどっちも無理です

凡人のおれにはBFTエコノミーは無理です

みたいな意見を何個かいただきましたが、nemならトークンエコノミークッソ簡単に作れるし、LotionJSならBFTエコノミーそれなりに簡単に作れると思います。

ではいくよ~

続きを読む

トークンエコノミーとBFTエコノミーの比較

トークンエコノミーとの関係性から考える cryptoeconomics

良記事であり、本筋に賛同です。

ただ文の難易度が高めなのでめちゃめちゃわかりやすく砕いていうと

「プラットフォームをつくるトークンエコノミーは盛り上がってるけど、プロトコルレベルの経済インセンティブ設計を考えるプレイヤーも増やしていこうぜ」ってことですね(間違ってたらごめんなさい)。

 

そこで「プラットフォームを作るトークンエコノミー」と「プロトコルレベルの経済インセンティブ設計」の違いを説明する記事があるといいなと思い、書いてみます。

前者をトークンエコノミー、後者をBFTエコノミーと呼んでおきます。(CryptoeconomicsはBFTエコノミーを研究する分野といったほうが正しく、トークンエコノミーとの対比はできない気がする

BFTとはByzantine Fault Tolerantつまりビザンチン障害に耐性があるという意味です。

続きを読む

銘柄無差別上場なDEXが逆に規制されるかも

以下の記事の中に、

これは独自トークンの発行者側の話ではなく、Waves側の問題になるそうです。

との記述があり、それについて思ったこと。

続きを読む

LCNEMがNEMブロックチェーンに与えるインパクトを大雑把に試算してみた

LCNEMは、内容はまだ明かせませんが2つ、いや3つの大躍進に向けて、バックオフィス業務を黙々とやっています。

いまは我慢の時期ですね。

そのうちPoliPoliみたいに派手にプレスリリース出したい。

 

ところでですがLCNEMが

LCNEMの今後

に書いた通りに進んでいき、拡大していったとき、NEMブロックチェーンにどれくらいのインパクトがあるか大雑把に試算してみました。

続きを読む

TokenVelocity問題解決策

Token Velocity問題と5つの解決アプローチ

上記記事では、貨幣数量説フィッシャーの交換方程式

$$ MV=PQ $$

 

より、トークンのバリュエーション(法定通貨建てのトークンのマネーサプライつまり時価総額)\(M\)は

  • \(PQ\)を上げる
  • \(V\)を下げる

ことによって上げることができると述べられていて、その具体的な方法として

  1. 利益分配の仕組みを導入する
  2. プロトコルに一定期間トークンをロックする機能を導入する
  3. バランスの取れたburnとmintをする
  4. 保持するインセンティブをつくる
  5. 価値保存になる

が挙げられています。(元ネタはChris Burniske氏っぽい。)

特に解決策2.に関して疑問がわいたので、書いてみます。

続きを読む