仮想通貨に通貨発行益はあるのか

面白い話です。考察していきましょう!

“仮想通貨に通貨発行益はあるのか” の続きを読む

LCNEMはクレジットカードに勝てるか

イケダハヤトさんのブログで、LCNEMをご紹介いただきました。ありがとうございます。

ビットコインは日常的な決済には使われない。

日本でも「LCNEM」というプロジェクトが立ち上がっています。

こちらの記事に、

これなにがメリットかというと、おそらく、クレジットカードよりも手数料が安くなるんですよ

クレカ手数料は3〜4%くらいなので、基本的にはNEMの方が安くなるはず。

という記述があります。これはまさにその通りでして、その根拠を数字で示したいと思います。

“LCNEMはクレジットカードに勝てるか” の続きを読む

NEMの重要度を上げるための送金量

NEMのハーベスティングの仕組みでご紹介したように、NEMはProof of Importanceを採用しています。

このPoIの重要度は、送金量が多いほど上がるんですが、どうやら1000xem以上送金しないと重要度には一切関係ないらしいのです。1000xemというと、1xem100円とすれば10万円ですから、そんなに頻繁に送金される量ではありません。

この敷居の高さを理由に、PoIはPoSの流動性問題を解決できていないという意見もあり、これに関しては同意せざるを得ません。

ここで、なぜ1000xemと決まっているのか気になったので、簡単なところだけご紹介します。

“NEMの重要度を上げるための送金量” の続きを読む

PoW推進派には1つ大きな誤謬がある

私は個人的にはPoIを採用するNEMを推しています。GoogleのPageRankアルゴリズムと同じくグラフ理論を応用し(NEMのハーベスティングの仕組み)、Proof of Stakeの流動性問題への解決を試みているからです。ちなみに、Proof of StakeはProof of Workより経済厚生損失が少ないとの経済学の論文があります(コンセンサスアルゴリズムの優位性はどのように論じるべきか)。

もちろん、PoIの発想が良いと思うだけで、現在のNEMが完璧であるとは思っていません。重要度計算のパラメータ設定など、修正すべきところはたくさんあるかと思います。

コンセンサスアルゴリズムの優位性はどのように論じるべきかで紹介したように、科学的なコンセンサスアルゴリズムに関する議論が広まることを願ってやみません。ただ、PoWを推進している人々の主張に、看過ならない誤謬が散見されますので、この記事を書こうかと思います。

“PoW推進派には1つ大きな誤謬がある” の続きを読む

コンセンサスアルゴリズムの優位性はどのように論じるべきか

このブログを開設し、48時間が経過いたしました。


イケハヤさんにもRTいただき、多くの反響をいただきました。おかげさまで、ブログ開設48時間で1万PVを突破いたしました。これからも良い記事を書くよう心掛けたいと思います。
さて、上記の記事ではハーベスティングを徹底的に解説するため、Proof of Work、Proof of Stake、Proof of Importanceの説明も含めました。しかし、ぼくは個人的にはNEMを推しますが、上記の記事では事実を書いただけで、Proof of ImportanceはProof of Stakeより優れているだとかは書きませんでした。ビットコイン界隈の人などに、客観的な事実を伝えたかったからです。

ですが、実際問題として、PoW、PoS、PoI、どれがいいのか議論する機会もあるでしょう。それも、仮想通貨をよりよいシステムにしていくうえで必要なものだからです。しかしこのような議論は大体、ビットコインが好きな人はPoWを擁護し、NEMが好きな人はPoIを擁護することに終始し、平行線のまま終わります。

なので、どのようにこのような議論をすべきなのか、一つ提案したいと思います。

“コンセンサスアルゴリズムの優位性はどのように論じるべきか” の続きを読む

NEMのハーベスティングの仕組み

不正アクセスによってコインチェックからNEMが流出する事件が発生し、NEM自体の知名度は上昇していますが、NEMのシステムへの理解はあまり広まっていません。

「識者」の、ビットコイン固有のシステムがNEMにもあるものだと思い込んだ論評や、NEM固有のシステムを誤解したままの論評がまかり通っています。

NEMでマイニングが…

コインチェックはハーベスティングをするためにホットウォレットでの保存を余儀なくされたのではないか

このような趣旨の論評が散見されます(ホットウォレットの説明はNEMのコールドウォレットは難しいのかをご覧ください)。

これらの論評をしている方は全くNEMのシステムに無知ですが、たしかにNEMのハーベスティングの仕組みについて、網羅的に説明されてるブログ記事をあまり見かけないのも事実です(存在する記事の多くは、ハーベスティングの設定方法を解説した記事です)。

なので、ハーベスティングの仕組みについて網羅的に説明したいと思います。

“NEMのハーベスティングの仕組み” の続きを読む

LCNEMの仕事ついでに、NEMモザイクの仕組みを解剖する

ビットコイン方面で有名な大石さんも

NEMモザイクの仕組みを今理解されたようで、NEMモザイクの仕組みへの理解をもっと広めたほうがいいと感じましたので、NEMモザイクのしくみを解説します。私が代表を務めるLCNEMの仕事のついでです。

“LCNEMの仕事ついでに、NEMモザイクの仕組みを解剖する” の続きを読む

NEMのコールドウォレットは難しいのか

コインチェックからのNEM流出事件が発生し、ネットは大騒ぎです。

ビットコイン取引所「コインチェック」で620億円以上が不正に引き出される被害が発生(追記あり)

「NEM」は、中国製チャットアプリ「WeChat」や中国での取引所で兌換できる仕組みを有しており、もともと中華圏からの不正なアクセスが多い暗号通貨のひとつとされてきました。

このような非常に質の低い記事が「識者」から出てくる始末です。

さて、事件が発生した一因として、コインチェックはNEMをコールドウォレットではなくホットウォレットに保管していた、ということがよく言われます。

ではホットウォレットとはなんなのか、コールドウォレットとはなんなのか。調べても曖昧な説明が多かったので、ご紹介したいと思います。

“NEMのコールドウォレットは難しいのか” の続きを読む