Base32とは

ご無沙汰しております。

最近多忙で更新できていませんでした。

なにをしていたかと言うと、

  • LCNEMの法人登記
  • LCNEMの銀行口座開設
  • LCNEMウォレットの開発

とかですね。

LCNEMウォレットはAndroid版の開発を進めていたんですが、iOSとAndroidそれぞれの保守をするとコストがかかるという理由で、Web版のみ公開することにしました。

今はAngular使ってWeb版開発してます。

AngularどころかTypeScriptすら今まで使ったこと無かったんですが、ここまでくるのに2日かかりませんでした。

さて脱線しましたが、今日はBase32の話をします。

続きを読む

NEMモザイク送金手数料をOctaveで4次元グラフにしてみた

NEMモザイクの送金手数料は、
・総供給量が多いほど手数料は安くなる
・総供給量が少ないほど手数料は安くなる
という、二つの相反する成分によって計算されます。

で、供給量1~9,000,000,000と、可分性0~6の値域で、どこでもっとも手数料が安くなるのか気になるので、GNU Octaveで4次元グラフにしてみました。

ごりごりの数値計算です。

続きを読む

NEM Nano Walletのウォレットファイル.wltとはなにか

NEMのウォレットを作る際、「秘密鍵」「ウォレット」「アカウント」という、意味の境界がよくわからない単語が頻出してきます。

これらの意味の境界の曖昧さは、技術に詳しくないがNEM決済を導入したい!というような人たちへの障害になりえます。

思いのほか解説してるサイトが少ないので、解説したいと思います。

続きを読む

ブロックチェーンが非中央集権だと何が良いのか

中央集権のなにがメリットで非中央集権のなにがメリットなのか、これをまとめたいと思います。

続きを読む

LCNEMに自信を持っている理由

LCNEMtelegramの参加人数が100人を突破し、順調に知名度を上げております。

LCNEMは現在プロモーションビデオを作ることも検討中、また出資していただける方を募集中で、すでに何人かに反応をいただいています。

冷静な人から見れば、

なんでこんな飛ばしてんの?笑

だと思います。なので、LCNEMに自信を持っている理由をお話ししたいと思います。

続きを読む

LCNEMはクレジットカードに勝てるか

イケダハヤトさんのブログで、LCNEMをご紹介いただきました。ありがとうございます。

ビットコインは日常的な決済には使われない。

日本でも「LCNEM」というプロジェクトが立ち上がっています。

こちらの記事に、

これなにがメリットかというと、おそらく、クレジットカードよりも手数料が安くなるんですよ

クレカ手数料は3〜4%くらいなので、基本的にはNEMの方が安くなるはず。

という記述があります。これはまさにその通りでして、その根拠を数字で示したいと思います。

続きを読む

NEMの重要度を上げるための送金量

NEMのハーベスティングの仕組みでご紹介したように、NEMはProof of Importanceを採用しています。

このPoIの重要度は、送金量が多いほど上がるんですが、どうやら1000xem以上送金しないと重要度には一切関係ないらしいのです。1000xemというと、1xem100円とすれば10万円ですから、そんなに頻繁に送金される量ではありません。

この敷居の高さを理由に、PoIはPoSの流動性問題を解決できていないという意見もあり、これに関しては同意せざるを得ません。

ここで、なぜ1000xemと決まっているのか気になったので、簡単なところだけご紹介します。

続きを読む

PoW推進派には1つ大きな誤謬がある

私は個人的にはPoIを採用するNEMを推しています。GoogleのPageRankアルゴリズムと同じくグラフ理論を応用し(NEMのハーベスティングの仕組み)、Proof of Stakeの流動性問題への解決を試みているからです。ちなみに、Proof of StakeはProof of Workより経済厚生損失が少ないとの経済学の論文があります(コンセンサスアルゴリズムの優位性はどのように論じるべきか)。

もちろん、PoIの発想が良いと思うだけで、現在のNEMが完璧であるとは思っていません。重要度計算のパラメータ設定など、修正すべきところはたくさんあるかと思います。

コンセンサスアルゴリズムの優位性はどのように論じるべきかで紹介したように、科学的なコンセンサスアルゴリズムに関する議論が広まることを願ってやみません。ただ、PoWを推進している人々の主張に、看過ならない誤謬が散見されますので、この記事を書こうかと思います。

続きを読む