2/6ページ

2/6ページ
DLT NO IMAGE
  • 2019.02.19

クリプトアセット・DLT業界の個人的予測

私のポジションが独特すぎるので共感を増やす目的でクリプトアセットDLT業界の個人的予測を書きます。 Bitcoin アセットとしては一人勝ち。(クリプトアセットの中でトップという意味なので価格が上がると同義ではない) Proof of Workは持続可能性がないが、ビットコインに関しては信奉者というか共感者が多く、規模は縮小するにしてもある程度ハッシュレートの持続可能性はあるかもしれない。 Lig […]

  • 2019.02.18

ステーブルコインとアジア通貨危機

こんな言説聞いたことありませんか? ステーブルコインはペッグが外れるというのはアジア通貨危機のように歴史が証明している Pegging problems By definition, pegging creates an artificial economic environment that cannot be sustained in the wider unconstrained marke […]

DLT NO IMAGE

LCNEMのウォレット有料プランに関する金融庁への法令適用事前確認手続きに対する回答

LCNEM Walletは最近のアップデートで、残高1XEM未満の方向けに24時間に1回まで1XEMを無料取得する機能を提供開始しました。 しかしこれは元々有料プランの一機能として提供する予定のもので、検討していた頃に「有料プランで手数料に使う仮想通貨を付与しても仮想通貨交換業にあたらないか」を金融庁に法令適用事前確認手続きをしていました。 結局、無償提供との方針転換により意味はなくなったものの、 […]

  • 2019.02.04

暗号資産の貨幣論

貨幣の定義を調べると、商品交換の媒介物で、以下の3機能を持つ物ものであるものとの情報に多く当たると思います。 価値尺度 流通手段 価値貯蔵 これらは貨幣の現状を述べたものにすぎず、貨幣の起源、価値について説明したものではありません。 まず、貨幣の起源や価値を説明した説を紹介します。

  • 2019.01.30

革命?妄想?Radical Markets

今回は、この記事についてです。 Radical Marketsの仕組みというか考え方はこの記事を読んで理解していただく(わかりやすく書かれてるんでそこまで難しくはないと思います)として、このRadical Marketsという発想を経済学的に検証してみたいと思います。 結論から言うと、筋が悪い。

DLT NO IMAGE
  • 2019.01.21
  • ,

1/20 NEM Bootcampで話したこと

昨日、渋谷のコイネージさん(=ユナイテッドさん)のオフィスにてこんなイベントをやっていました。 ここで私は以下の2つのテーマで登壇したのですが NEMブロックチェーンの『いろは』(代打) 経済学的観点から見たNEMブロックチェーンのコンセンサス・アルゴリズム 登壇で話ししたことをブログで書き起こしてほしいとの声をいただいたので、書き起こしておきます。 初心者でもわかるように、とあるとおり、かなり厳 […]

  • 2019.01.08

流動性不足で何が起こるか

みなさん、よく聞く「流動性」という単語、なんとなく使ってませんか? 今日は図で、流動性がなんなのか、流動性が不足するとなにがいけないのかをわかりやすく説明しましょう。

1 2 6