1/20 NEM Bootcampで話したこと

昨日、渋谷のコイネージさん(=ユナイテッドさん)のオフィスにてこんなイベントをやっていました。

ここで私は以下の2つのテーマで登壇したのですが

  • NEMブロックチェーンの『いろは』(代打)
  • 経済学的観点から見たNEMブロックチェーンのコンセンサス・アルゴリズム

登壇で話ししたことをブログで書き起こしてほしいとの声をいただいたので、書き起こしておきます。

初心者でもわかるように、とあるとおり、かなり厳密なところは端折っていたりもありますがご容赦ください。

続きを読む

流動性不足で何が起こるか

みなさん、よく聞く「流動性」という単語、なんとなく使ってませんか?

今日は図で、流動性がなんなのか、流動性が不足するとなにがいけないのかをわかりやすく説明しましょう。

続きを読む

チケット転売の経済学的考察

今日はこれに関して詳しく解説する話を書きます。

続きを読む

rxjsつかって状態管理する簡易ライブラリ

よくAngularをつかっていますが、Reduxライクなライブラリ「ngrx」は以下の点を理由に、好きになれませんでした。

  • 同期的に状態を取得できない
  • アクション定義が冗長

そこで以下のような簡易ライブラリをTypeScriptでつくり、npmにpublishしておきました。

rx-state-store-js

特徴

  • 継承して使用する
  • ステートのマッピング関数(ngrxでいうところのselect)は必要なし
  • 継承先クラスのメソッドがアクションなので、冗長なアクション定義不要
  • 状態はBehaviorSubjectとしてだけでなく同期的にも取得できる

よければお使いください。

AngularでDIされるServiceクラスにRxStateStoreクラスを継承させるとかなり便利です。

マイニングマシンの適正価格算定は難しい

クリスマス早々、日経は大暴落やらマイニング撤退やら、慌ただしい一日です。

マイニングマシン撤退のニュースを受けて、マイニングマシンの価格算定はわりと興味を集めやすいトピックかなと思うので書いておきます。

続きを読む

NEMでNFTをつくるには

NEMでNFTをつくる

上記記事は、「トークン名はサブネームスペースに定義して、固有パラメータはモザイク名に定義すればいい」として、NEMでのNFTの作り方を提案されています。

NFTとはなんなのかというと、たとえば

  • 整数単位の猫トークンがある
  • トークン1単位にはそれぞれ固有の猫遺伝子情報をつける

ようなものです。

ですが上記qiitaの記事の筆者さんと話していて、一番良さげなNFTの作り方を考えました。

続きを読む

【考えてみて?】マルチコラテラルのパラドックス

Multi-collateral、ようするに複数種類の担保がある、ステーブルコインというのが現実的に考えられますね。

※ステーブルコイン…ブロックチェーン上で従来の仮想通貨と違い法定通貨のようなものと価格がほぼ等しく安定するアセットのこと

【MakerDAOとStablecoin】Collateralized Debt Position Smart Contractsの仕組み

<仕組み解説>Guidelines of MakerDAO&dai

MakerDAOの場合、ETH担保だけじゃなくてほかのEthereum上のアセットを担保に入れられるようになるのかと。

MakerDAOとはなにかとめちゃくちゃ簡単にいうと、ETHなど仮想通貨を担保にステーブルコインDAIをつくりだすもの。

そこで以下のような状況を思い浮かんだので読んでみてください。

続きを読む

NEM委任ハーベスティングの仕組みは改良の余地アリ

ご無沙汰しております。

最近ネタ切れで書く気が失せていました。

ひぃ。

さて、今日は以下の二記事をベースに、

NEMのハーベスティングの仕組み

Proof of Stakeのシンプルな実装の簡単な説明

「NEMはハーベスティングをするのに10000XEMという制限を課しているが、主な理由としてスロット制限が挙げられる。スロット制限を設けているのはなぜか。」

というクリプトエコノミクス的思考力問題を社内でやっていたわけですが、

これの答えをブログに書いておこうと思います。

続きを読む