法定通貨・仮想通貨の価値を数式で考える

先日このような記事を書きました。

ブロックチェーン時代の貨幣論

PoW通貨も、共同幻想

前者においては、金本位制は経済学的によろしくないので、ゴールドの再発明である暗号通貨も「世界通貨」にはなりえないことを説明しました。今のゴールドも通貨にはなっておらず資産の1種にとどまっています。

後者では、「PoW電気代価値説」は正しくないため、正しい表現を提案しました。ゴールドもビットコインも、採掘にかかるコストが価値の裏付けになるというのは正しくなく、ブランド性があることによって需要が出ているわけです。(ブランド性は一種の共同幻想です。)

ビットコインと仕組みが全く同じの暗号通貨が大量発生して、PoWで採掘にコストがかかっていても、価格はビットコインほどにはならないでしょうし、価値を見出す人も少ないでしょう。PoW通貨は必ずブランド性を持つわけではないですよね。(それくらい直感でわかりますよね?)

ビットコインやゴールドにはブランド性があるから価値を見出す人がいるのです。PoWそのものに価値を裏付ける機能はありません。PoWには通貨に価値を内在させる機能はありません。

(何度も言いますが、価格は需要供給の妥協の結果で、価値は需要の程度です。)

このような当たり前の事実を何回も言っているのですが、仮想通貨の議論に経済学を持ち込むトップランナー(自称)のぼくに世界が追い付いてくる気配が全くありません(暴言)

言葉よりも数式のほうが厳密に説明できるので数式で説明します。

“法定通貨・仮想通貨の価値を数式で考える” の続きを読む

SCAMを見抜け!~NoahCoin編~

先日、こんな記事を書きました。

SCAMを見抜け!~ecobit編~

EcoBitはネタ要素豊富で、ネタとしては受けたのですが、どうも\(P=\frac{C}{r}\)あたりが難しいという声がちらほらあり、広く理解をいただいたというわけではなさそうでした。

ノアコインが無価値である理由もEcoBitと同様であるので、説明します。

“SCAMを見抜け!~NoahCoin編~” の続きを読む