Yu Kimura

1/6ページ
  • 2019.04.19

Cosmosのセキュリティについて解説しよう

こんにちはユーキムラです。 前回はCosmosとPolkadotの違いについて話をしました。 大石さんの記事もあります。 http://doublehash.me/cosmos-polkadot/ 補完関係の記事書きあうのはm0t0k1ch1さんのとき以来でなんか良いですね。 さて、両者の本質的な違いはマージバリデーションの有無だということですが、マージバリデーションが標準的なPolkadotでは […]

  • 2019.03.29

アセットの自由

Modern Monetary Theory的にいうと、貨幣とは税です。 暗号資産は、税として収めるものではないので、「貨幣」たりえない、ということを説明しました。 しかし、「貨幣」たりえないことは、悪いことなのでしょうか。いや、むしろ良いことだと思っています。 それを説明します。

  • 2019.03.20

不完全なお金

この記事、面白いですよね。 ツイッターのタイムラインでは面白い、との声をよく見かけます。同意です。 しかしここで性格のひん曲がった木村くんは、アラ探しをしようとアップをはじめました。

  • 2019.03.10

BitcoinサイドチェーンLiquid(Blockstream)触ってみた感想

Blockstream製のElementsというサイドチェーンプロジェクトがあります。 どういうものかというと、BitcoinメインチェーンからBTCを二方向ペッグしたり、匿名トランザクションを走らせたり、アセット発行したりできるものです。 このElementsを利用したサイドチェーンとして、コンソーシアムのLiquidがあります。 ※取引所QuoineのLiquidとは別モンなので注意してくださ […]

DLT NO IMAGE
  • 2019.02.19

クリプトアセット・DLT業界の個人的予測

私のポジションが独特すぎるので共感を増やす目的でクリプトアセットDLT業界の個人的予測を書きます。 Bitcoin アセットとしては一人勝ち。(クリプトアセットの中でトップという意味なので価格が上がると同義ではない) Proof of Workは持続可能性がないが、ビットコインに関しては信奉者というか共感者が多く、規模は縮小するにしてもある程度ハッシュレートの持続可能性はあるかもしれない。 Lig […]

  • 2019.02.18

ステーブルコインとアジア通貨危機

こんな言説聞いたことありませんか? ステーブルコインはペッグが外れるというのはアジア通貨危機のように歴史が証明している Pegging problems By definition, pegging creates an artificial economic environment that cannot be sustained in the wider unconstrained marke […]

DLT NO IMAGE

LCNEMのウォレット有料プランに関する金融庁への法令適用事前確認手続きに対する回答

LCNEM Walletは最近のアップデートで、残高1XEM未満の方向けに24時間に1回まで1XEMを無料取得する機能を提供開始しました。 しかしこれは元々有料プランの一機能として提供する予定のもので、検討していた頃に「有料プランで手数料に使う仮想通貨を付与しても仮想通貨交換業にあたらないか」を金融庁に法令適用事前確認手続きをしていました。 結局、無償提供との方針転換により意味はなくなったものの、 […]

1 6