NEM

NEMの重要度を上げるための送金量

NEMのハーベスティングの仕組みでご紹介したように、NEMはProof of Importanceを採用しています。

このPoIの重要度は、送金量が多いほど上がるんですが、どうやら1000xem以上送金しないと重要度には一切関係ないらしいのです。1000xemというと、1xem100円とすれば10万円ですから、そんなに頻繁に送金される量ではありません。

この敷居の高さを理由に、PoIはPoSの流動性問題を解決できていないという意見もあり、これに関しては同意せざるを得ません。

ここで、なぜ1000xemと決まっているのか気になったので、簡単なところだけご紹介します。

続きを読む

NEMのハーベスティングの仕組み

不正アクセスによってコインチェックからNEMが流出する事件が発生し、NEM自体の知名度は上昇していますが、NEMのシステムへの理解はあまり広まっていません。

「識者」の、ビットコイン固有のシステムがNEMにもあるものだと思い込んだ論評や、NEM固有のシステムを誤解したままの論評がまかり通っています。

NEMでマイニングが…

コインチェックはハーベスティングをするためにホットウォレットでの保存を余儀なくされたのではないか

このような趣旨の論評が散見されます(ホットウォレットの説明はNEMのコールドウォレットは難しいのかをご覧ください)。

これらの論評をしている方は全くNEMのシステムに無知ですが、たしかにNEMのハーベスティングの仕組みについて、網羅的に説明されてるブログ記事をあまり見かけないのも事実です(存在する記事の多くは、ハーベスティングの設定方法を解説した記事です)。

なので、ハーベスティングの仕組みについて網羅的に説明したいと思います。

続きを読む

LCNEMの仕事ついでに、NEMモザイクの仕組みを解剖する

ビットコイン方面で有名な大石さんも

NEMモザイクの仕組みを今理解されたようで、NEMモザイクの仕組みへの理解をもっと広めたほうがいいと感じましたので、NEMモザイクのしくみを解説します。私が代表を務めるLCNEMの仕事のついでです。

続きを読む

NEMのコールドウォレットは難しいのか

コインチェックからのNEM流出事件が発生し、ネットは大騒ぎです。

ビットコイン取引所「コインチェック」で620億円以上が不正に引き出される被害が発生(追記あり)

「NEM」は、中国製チャットアプリ「WeChat」や中国での取引所で兌換できる仕組みを有しており、もともと中華圏からの不正なアクセスが多い暗号通貨のひとつとされてきました。

このような非常に質の低い記事が「識者」から出てくる始末です。

さて、事件が発生した一因として、コインチェックはNEMをコールドウォレットではなくホットウォレットに保管していた、ということがよく言われます。

ではホットウォレットとはなんなのか、コールドウォレットとはなんなのか。調べても曖昧な説明が多かったので、ご紹介したいと思います。

続きを読む