DLT

4/5ページ
DLT
  • 2018.05.21

セルフィッシュマイニングのインセンティブ

モナコインでセルフィッシュマイニングがあったようです。 モナコインへの攻撃から、ブロックチェーンへの攻撃やマイニングを深掘りする 上記サイトが網羅的でわかりやすいので説明はしません。 今回はセルフィッシュマイニングに関して、ハッシュレート、承認数、送金額と不正するインセンティブの関わりを見ていこうと思います。

DLT

このままではALISはコケる

ALISというプロジェクトがあります。 日本発のプロジェクトで、ICOをやりました。 Steemitに、nemのような重要度評価を取り入れた仕組みだそうです。 ホワイトペーパーを読んだのですが、このままではこけるでしょう。解説します。

DLT

SCAMを見抜け!~NoahCoin編~

先日、こんな記事を書きました。 SCAMを見抜け!~ecobit編~ EcoBitはネタ要素豊富で、ネタとしては受けたのですが、どうも\(P=\frac{C}{r}\)あたりが難しいという声がちらほらあり、広く理解をいただいたというわけではなさそうでした。 ノアコインが無価値である理由もEcoBitと同様であるので、説明します。

DLT
  • 2018.03.04
  • ,

NEMモザイク送金手数料をOctaveで4次元グラフにしてみた

NEMモザイクの送金手数料は、 ・総供給量が多いほど手数料は安くなる ・総供給量が少ないほど手数料は安くなる という、二つの相反する成分によって計算されます。 で、供給量1~9,000,000,000と、可分性0~6の値域で、どこでもっとも手数料が安くなるのか気になるので、GNU Octaveで4次元グラフにしてみました。 ごりごりの数値計算です。

DLT NO IMAGE
  • 2018.02.27
  • ,

NEM Nano Walletのウォレットファイル.wltとはなにか

NEMのウォレットを作る際、「秘密鍵」「ウォレット」「アカウント」という、意味の境界がよくわからない単語が頻出してきます。 これらの意味の境界の曖昧さは、技術に詳しくないがNEM決済を導入したい!というような人たちへの障害になりえます。 思いのほか解説してるサイトが少ないので、解説したいと思います。

DLT NO IMAGE
  • 2018.02.18

ブロックチェーンが非中央集権だと何が良いのか

非中央集権って言うけど、結局中心となる開発チームがあり、そこには中心人物がいるわけだよね。システムやプロダクトは非中央集権の設計がされているけど、コントロールする側、利益を得る側はバリバリの中央集権。そいう考えるとBTCもリップル社も対して違いはなさそうだけど。 — 澤亜澄 Sawa Azumi (@SawaAzumi) 2018年2月18日 地球を非中央集権的な物体と思うと、この現象を理解するの […]

1 4 5