DLT

2/5ページ
  • 2019.02.04

暗号資産の貨幣論

貨幣の定義を調べると、商品交換の媒介物で、以下の3機能を持つ物ものであるものとの情報に多く当たると思います。 価値尺度 流通手段 価値貯蔵 これらは貨幣の現状を述べたものにすぎず、貨幣の起源、価値について説明したものではありません。 まず、貨幣の起源や価値を説明した説を紹介します。

DLT NO IMAGE
  • 2019.01.21
  • ,

1/20 NEM Bootcampで話したこと

昨日、渋谷のコイネージさん(=ユナイテッドさん)のオフィスにてこんなイベントをやっていました。 ここで私は以下の2つのテーマで登壇したのですが NEMブロックチェーンの『いろは』(代打) 経済学的観点から見たNEMブロックチェーンのコンセンサス・アルゴリズム 登壇で話ししたことをブログで書き起こしてほしいとの声をいただいたので、書き起こしておきます。 初心者でもわかるように、とあるとおり、かなり厳 […]

DLT NO IMAGE
  • 2018.12.19
  • ,

NEMでNFTをつくるには

NEMでNFTをつくる 上記記事は、「トークン名はサブネームスペースに定義して、固有パラメータはモザイク名に定義すればいい」として、NEMでのNFTの作り方を提案されています。 NFTとはなんなのかというと、たとえば 整数単位の猫トークンがある トークン1単位にはそれぞれ固有の猫遺伝子情報をつける ようなものです。 ですが上記qiitaの記事の筆者さんと話していて、一番良さげなNFTの作り方を考え […]

DLT NO IMAGE
  • 2018.11.24

【考えてみて?】マルチコラテラルのパラドックス

Multi-collateral、ようするに複数種類の担保がある、ステーブルコインというのが現実的に考えられますね。 ※ステーブルコイン…ブロックチェーン上で従来の仮想通貨と違い法定通貨のようなものと価格がほぼ等しく安定するアセットのこと 【MakerDAOとStablecoin】Collateralized Debt Position Smart Contractsの仕組み <仕組み解説>Gui […]

DLT NO IMAGE
  • 2018.11.06
  • ,

NEM委任ハーベスティングの仕組みは改良の余地アリ

ご無沙汰しております。 最近ネタ切れで書く気が失せていました。 ひぃ。 さて、今日は以下の二記事をベースに、 NEMのハーベスティングの仕組み Proof of Stakeのシンプルな実装の簡単な説明 「NEMはハーベスティングをするのに10000XEMという制限を課しているが、主な理由としてスロット制限が挙げられる。スロット制限を設けているのはなぜか。」 というクリプトエコノミクス的思考力問題を […]

DLT
  • 2018.09.20

ちけっとピアツーピアの解説

本日、NEMブロックチェーンを使ったチケット管理システム「ちけっとピアツーピア」を公開しました。 これはもともとBlockChainJam2018のためにサイト埋め込み型のチケットシステムを作る目的で始まったのですが、アイデアがよさげだったので一般化しました。 これの仕組みを少し詳しく解説しておきます。 2/11追記 チケットだけでなく課金ゲームアカウントの転売防止にも応用できる改良版の説明に対応 […]

DLT
  • 2018.08.27

ATUMChainについての最新情報

ATUMChainというプロジェクトがあります。 ATUMChain Tendermintベースで、まずNEM/ETHのアトミックスワップ、そしてBTCペア追加からはじまる、クロスチェーンアトミックスワップのプロトコルだそうです。   Tendermintに関しては今日書いた記事も見てね。 dPoSとDBFTの違い とあるところでATUM開発者に直接対話する機会があったのですが、わかった […]

1 2 5