DLT

クリプトアセット・DLT業界の個人的予測

私のポジションが独特すぎるので共感を増やす目的でクリプトアセットDLT業界の個人的予測を書きます。

Bitcoin

アセットとしては一人勝ち。(クリプトアセットの中でトップという意味なので価格が上がると同義ではない)

Proof of Workは持続可能性がないが、ビットコインに関しては信奉者というか共感者が多く、規模は縮小するにしてもある程度ハッシュレートの持続可能性はあるかもしれない。

Lightning Networkみたいなものに天才が集まって壮大なセカンドレイヤー実験とかしていく場になりそう。セカンドレイヤーは面白い。

技術的にはファーストレイヤー単独では使い物にならない。化石。

異論の余地ができないほど、ハードフォークが起きえないほどファーストレイヤーをシンプルに保つと考えるとそれはそれで正しい。

Bitcoin Cash系

ABCとSV別れてから一切追ってないのでよくわかりません。

Ethereum

DAppsプラットフォームとしての本来の目的は達成されないと予想。そこはEOSに負けそう。

アップデート不可能なスマートコントラクトは経済学的に交渉コスト∞の不完備契約にしかなりえない。

じゃあ何に使うかとなると、Plasmaのハブ的な使い方だったり天才が集まって壮大な実験する場所になりそう。

技術的には、ビジネスには使いづらく、趣味として面白い。

NEM

簡単に使えるので、技術的には使いやすい。不完備契約になることもない。

学習コストやオペレーションコストも低いので、プライベート・コンソーシアムではできないことをやりたいエンタープライズとか、そういうのに向いてる。

逆に簡単すぎてマニアック、オタクな人(ほめ言葉)にはつまらないかもしれない。NEM2になってこれが変わるかどうか。

NEMで発行したアセットは自動でCosmosに流通するようになったりとかすればかなり面白い。

Ripple

XRPの投資対象としてのフェアネスは、フェアと思う人はそれでいいと思う。

技術的には、銀行のようなかたいところが使えるのはこういうのしかない。

EOS

DAppsプラットフォームとしてはEthereumからその役目を奪うと思う。GAS代はデプロイ側負担なのが大きい。

ただ、秘密鍵持ってないと使えないアプリとかは今後もマスアダプションは難しいのでそのへんは考える余地があると思う。

EOSに限らずDAppsすべてに言えることだが、アイデンティティーを個人の手に取り戻すというのは自由主義的な聞こえはいいけど、技術的にはユーザーの管理負担を増やすと言っているにすぎないただのトレードオフだから。

Cosmos

ミドルウェアプロトコルといいますか、公共性の強い分散システムはDAppsからその役目を奪うと思う。

Tendermintレッジャーをオンチェーンガバナンスでアップデートすれば不完備契約になることがないため。

DEXも、DEX用Tendermintレッジャー作って板情報共有してやってくのが一番綺麗。

NEMのようにアセット発行すぐできるレッジャーがネットワークに参加しないと使いづらい。BitcoinサイドチェーンのLiquidがその役目してもいい。

Cosmos Hub

後述するPolkadotと寡占になり、独占的にはならなさそう。

Polkadot

遠い目で見ればCosmos HubとつながるSubstrateがいずれでてくるんじゃないか。

匿名トランザクション系

どれもセカンドレイヤーとしての筋のほうが良さそう。

おわりに

異論は認めます。

独特のポジションとよく言われるのでこのブログ英語版作ったら面白いと思ってきたけど、どうしようか…

ステーブルコインとアジア通貨危機

こんな言説聞いたことありませんか?

ステーブルコインはペッグが外れるというのはアジア通貨危機のように歴史が証明している

Pegging problems
By definition, pegging creates an artificial economic environment that cannot be sustained in the wider unconstrained market over a long period. Past examples of fiat currency pegging prove that while it may act as a short-term solution, the inevitable unpegging creates serious instability.

Stablecoins: A Lesson in Market Predictions | Ripple

はい、大間違いです。

それについて説明します。

続きを読む

LCNEMのウォレット有料プランに関する金融庁への法令適用事前確認手続きに対する回答

LCNEM Walletは最近のアップデートで、残高1XEM未満の方向けに24時間に1回まで1XEMを無料取得する機能を提供開始しました。

しかしこれは元々有料プランの一機能として提供する予定のもので、検討していた頃に「有料プランで手数料に使う仮想通貨を付与しても仮想通貨交換業にあたらないか」を金融庁に法令適用事前確認手続きをしていました。

結局、無償提供との方針転換により意味はなくなったものの、情報共有として、LCNEM Walletアップデートにあわせて本記事を公開します。

この記事は2018/11/16時点にて下書きされています。

ちなみに、LCNEMは以前、ステーブルコインの法令適用に関して金融庁に直接問い合わせし、回答をいただいていました。

LCNEMに関する金融庁への法令適用事前確認手続きに対する回答

前提として、この情報を読んだ方で実行に移そうと思った方もまずは資格を持つ弁護士の方に相談しましょう。私は弁護士資格を持っていないので法律相談に応じることはできません。

続きを読む

1/20 NEM Bootcampで話したこと

昨日、渋谷のコイネージさん(=ユナイテッドさん)のオフィスにてこんなイベントをやっていました。

ここで私は以下の2つのテーマで登壇したのですが

  • NEMブロックチェーンの『いろは』(代打)
  • 経済学的観点から見たNEMブロックチェーンのコンセンサス・アルゴリズム

登壇で話ししたことをブログで書き起こしてほしいとの声をいただいたので、書き起こしておきます。

初心者でもわかるように、とあるとおり、かなり厳密なところは端折っていたりもありますがご容赦ください。

続きを読む

マイニングマシンの適正価格算定は難しい

クリスマス早々、日経は大暴落やらマイニング撤退やら、慌ただしい一日です。

マイニングマシン撤退のニュースを受けて、マイニングマシンの価格算定はわりと興味を集めやすいトピックかなと思うので書いておきます。

続きを読む

NEMでNFTをつくるには

NEMでNFTをつくる

上記記事は、「トークン名はサブネームスペースに定義して、固有パラメータはモザイク名に定義すればいい」として、NEMでのNFTの作り方を提案されています。

NFTとはなんなのかというと、たとえば

  • 整数単位の猫トークンがある
  • トークン1単位にはそれぞれ固有の猫遺伝子情報をつける

ようなものです。

ですが上記qiitaの記事の筆者さんと話していて、一番良さげなNFTの作り方を考えました。

続きを読む

【考えてみて?】マルチコラテラルのパラドックス

Multi-collateral、ようするに複数種類の担保がある、ステーブルコインというのが現実的に考えられますね。

※ステーブルコイン…ブロックチェーン上で従来の仮想通貨と違い法定通貨のようなものと価格がほぼ等しく安定するアセットのこと

【MakerDAOとStablecoin】Collateralized Debt Position Smart Contractsの仕組み

<仕組み解説>Guidelines of MakerDAO&dai

MakerDAOの場合、ETH担保だけじゃなくてほかのEthereum上のアセットを担保に入れられるようになるのかと。

MakerDAOとはなにかとめちゃくちゃ簡単にいうと、ETHなど仮想通貨を担保にステーブルコインDAIをつくりだすもの。

そこで以下のような状況を思い浮かんだので読んでみてください。

続きを読む

NEM委任ハーベスティングの仕組みは改良の余地アリ

ご無沙汰しております。

最近ネタ切れで書く気が失せていました。

ひぃ。

さて、今日は以下の二記事をベースに、

NEMのハーベスティングの仕組み

Proof of Stakeのシンプルな実装の簡単な説明

「NEMはハーベスティングをするのに10000XEMという制限を課しているが、主な理由としてスロット制限が挙げられる。スロット制限を設けているのはなぜか。」

というクリプトエコノミクス的思考力問題を社内でやっていたわけですが、

これの答えをブログに書いておこうと思います。

続きを読む

ちけっとピアツーピアの図解

ちけっとピアツーピアの解説

↑こちらを読んだことのある方向けの記事です。

上記記事では日本語で長々と説明しましたが、難しくよくわからないという声がちらほら見受けられるので、

  • 厳密な論文調の解説
  • 図解を混ぜた簡単な解説

をしようと思い、まず後者を書きます。それがこの記事です。

続きを読む