仮想通貨

銘柄無差別上場なDEXが逆に規制されるかも

以下の記事の中に、

これは独自トークンの発行者側の話ではなく、Waves側の問題になるそうです。

との記述があり、それについて思ったこと。

続きを読む

TokenVelocity問題解決策

Token Velocity問題と5つの解決アプローチ

上記記事では、貨幣数量説フィッシャーの交換方程式

$$ MV=PQ $$

 

より、トークンのバリュエーション(法定通貨建てのトークンのマネーサプライつまり時価総額)\(M\)は

  • \(PQ\)を上げる
  • \(V\)を下げる

ことによって上げることができると述べられていて、その具体的な方法として

  1. 利益分配の仕組みを導入する
  2. プロトコルに一定期間トークンをロックする機能を導入する
  3. バランスの取れたburnとmintをする
  4. 保持するインセンティブをつくる
  5. 価値保存になる

が挙げられています。(元ネタはChris Burniske氏っぽい。)

特に解決策2.に関して疑問がわいたので、書いてみます。

続きを読む

取引所上場はファンダにはならない

みなさんこんにちは

自分が買ってる仮想通貨が新規に取引所に上場するとうれしいですよね?うれしいのはわかります。

なんでうれしいんですか?

(↑煽ってないよ^^)

 

市場が大きくなって相場に追い風になることがあるからですよね。それはわかります。

でも、取引所上場はファンダメンタルにはなりません。なぜか?説明します。

続きを読む

法定通貨・仮想通貨の価値を数式で考える

先日このような記事を書きました。

ブロックチェーン時代の貨幣論

PoW通貨も、共同幻想

前者においては、金本位制は経済学的によろしくないので、ゴールドの再発明である暗号通貨も「世界通貨」にはなりえないことを説明しました。今のゴールドも通貨にはなっておらず資産の1種にとどまっています。

後者では、「PoW電気代価値説」は正しくないため、正しい表現を提案しました。ゴールドもビットコインも、採掘にかかるコストが価値の裏付けになるというのは正しくなく、ブランド性があることによって需要が出ているわけです。(ブランド性は一種の共同幻想です。)

ビットコインと仕組みが全く同じの暗号通貨が大量発生して、PoWで採掘にコストがかかっていても、価格はビットコインほどにはならないでしょうし、価値を見出す人も少ないでしょう。PoW通貨は必ずブランド性を持つわけではないですよね。(それくらい直感でわかりますよね?)

ビットコインやゴールドにはブランド性があるから価値を見出す人がいるのです。PoWそのものに価値を裏付ける機能はありません。PoWには通貨に価値を内在させる機能はありません。

(何度も言いますが、価格は需要供給の妥協の結果で、価値は需要の程度です。)

このような当たり前の事実を何回も言っているのですが、仮想通貨の議論に経済学を持ち込むトップランナー(自称)のぼくに世界が追い付いてくる気配が全くありません(暴言)

言葉よりも数式のほうが厳密に説明できるので数式で説明します。

続きを読む

このままではALISはコケる

ALISというプロジェクトがあります。

日本発のプロジェクトで、ICOをやりました。

Steemitに、nemのような重要度評価を取り入れた仕組みだそうです。

ホワイトペーパーを読んだのですが、このままではこけるでしょう。解説します。

続きを読む

SCAMを見抜け!~NoahCoin編~

先日、こんな記事を書きました。

SCAMを見抜け!~ecobit編~

EcoBitはネタ要素豊富で、ネタとしては受けたのですが、どうも\(P=\frac{C}{r}\)あたりが難しいという声がちらほらあり、広く理解をいただいたというわけではなさそうでした。

ノアコインが無価値である理由もEcoBitと同様であるので、説明します。

続きを読む

SCAMを見抜け!~ecobit編~

仮想通貨界隈でよくあるSCAM。要するに詐欺のことですね。

これを見抜く方法を経済学的に説明すると良いんじゃないかと思ったので、書きます。

続きを読む