コア派とキャッシュ派の対立に経済学的ジャッジを下しますへの反響

コア派とキャッシュ派の対立に経済学的ジャッジを下します(追記あり)

に関してまとめます。

ということです。「BCHは手数料に関してもう少し考える必要があるのでは?」という先日の記事の記述に対しては、↑で説明がつくということです。つまり、適切ではありませんでした。

特に、ブロックサイズを供給する限界費用が、ストレージコストの下落によりブロックサイズを増やして増える手数料の限界収入を超えないのであれば全く問題ではなくなります。

なので、残りの「PoWに忠実なままではPoS系チェーンとの競争で苦しくなる」などの点に関してみていくことになります。

対人攻撃

不毛なので、やめましょう。これに関してはビットコインキャッシュコミュニティの評判を不必要に落とすだけです。

経済学的、とはなにか

先日の記事にも追記しましたが、このジャッジは歴史的正当性などには一切踏み込まず、表面的なシステム設計のみみているものです。経済学的な「合理性」をもとにインセンティブ設計をみています。

冷酷な合理性を仮定していると、公共利益を追求する熱意に関しては説明できません。これは経済学を使う目的には十分であると同時に、経済学の限界でもあります

ビットコインキャッシュは誕生の目的に公益性があり、自己の利益を追求するのとは少し違います。

NEMは手数料任意制をやめるべき

に書いたように、マイナーが合理的(自己の利益を追求している)ならばマイナーはブロックサイズを拡大させないインセンティブが出ます。逆にビットコインキャッシュは拡大させる方向に行ってますよね?このように熱意や公益性を求めることは経済学的には「非合理」なわけです。

もちろん、経済学的に「非合理」かどうかでは歴史的に正当かどうかなんて決まりませんよ。経済学的ジャッジに対して、歴史的正当性のジャッジを受けたかのように反発するのは不必要です。なおさら非論理的な攻撃も不要でしょう。

まとめると

  • 手数料に関しては言うほど問題ではなかった
  • 残りのPoWに忠実である点、ブランド性を得ると苦しくなる点をみていくことになる
  • 経済学的ジャッジは経済学の範囲しか言っていない

です。以上です。

あわせて読みたい