金融庁様、仮想通貨規制はこうあるべきと存じます

金融庁様、仮想通貨規制はこうあるべきと存じます。

  • 法定通貨と仮想通貨を交換もしくはその仲介をする業務は登録制
  • 仮想通貨と仮想通貨を交換もしくはその仲介をする業務は基準金額を超える受け取りをしたとき届出制
  • 登録は外国業者参入の敷居を下げるべき

まず、法定通貨と仮想通貨を交換する業務は現状の登録制を維持すべきです。

テロ資金化やマネーロンダリングへの対策になりますし、消費者保護も必要ですからね。

 

ですが、仮想通貨と仮想通貨との交換は基準金額を超える受け取りをしたとき届出するようにしたほうが絶対に良いです。

このままではスマートコントラクトをつかった開発ができない

仮想通貨と仮想通貨の交換まで登録制にしてしまうと、解釈の余地が広すぎて、ブロックチェーン技術を使ったスマートコントラクトを使った開発にも登録が必要になると思われます。

これで仮想通貨の市場育成ができるでしょうか。できるわけありません。

現状では投機対象の側面が大きいですが、それは側面にすぎず、すべてではありません。ブロックチェーンの可能性をすべて見据えた法律にすべきと思います。

届出制でもICO詐欺には十分対処できる

基準金額、例えば時価で1000万円をこえる受け取りをしたときに届出するようにすれば、大金をかっぱらうICO詐欺をするのは難しくなります。

届出制ならスマートコントラクトを使ったスタートアップ企業もやりやすくなります。

外国業者の登録の敷居を下げたら税収も増える

Binanceを追い返してしまいましたが、Binanceが登録を受けて日本での営業で収益を上げれば、それなりに税金が納められたはずです。

paypalなんかはシンガポール法人ですが、日本の資金移動業者に登録してます。この手の法律は法人やサーバーの所在地でなく、営業対象によって決まるんですね。なのでBinanceが日本語対応してたことなどが法に抵触することはわかるのですが、なぜ登録を受け入れる方向にいかなかったのでしょうかね。

 

いずれにせよ、このままの規制ではスマートコントラクトを使ったアプリが日本から出てくることはありません。